【京都会議を終えて】担当委員長 小澤 鉄矢君

2021年京都会議を終えて

 

2021年の京都会議は、現地での参加が出来なかったことがとても残念に思いましたが、WEBを使ったYouTube配信とても良かったと思います。

野並会頭のパネルディスカッション形式、そのような京都会議も新しい試みでとても勉強になりました。

副委員長と議案構築をしていく中で、都度変更が多かったところが大変で、議案に載せる事が少なくなってしまい、少しやりきれなかったところが少し残念でしたが、九鬼副委員長はどんな状況でもポジティブに物事を捉え全力で向き合ってくれました。とても楽しい議案構築でした。

日本青年会議所と横浜青年会議所の星取表を作成するにあたり、verの更新が多いため作成が大変でした。

日本JC関係員会は京都会議の担いにより、委員やスタッフの方々と仲良くなる場でもあったのでそれがかなわなったのが残念でしたが、それが無かったから新しい交流を考えなければいけないのだと考えさせられました。

2021年は、京都会議に現地参加できませんでしたが、2022年は現地で参加できると良いです。

渉外室 日本JC関係員会 委員長 小澤 鉄矢